沿革

VCEは、クラウド コンピューティングおよびコンバージド インフラストラクチャのパイオニアです。クラウド コンピューティング用に完全統合された業界初の製品である「Vblock™ System」は、Cisco、EMC、VMwareの最先端のテクノロジーが融合した真のコンバージド インフラストラクチャとして、世界中のお客様によるクラウド コンピューティングの導入の簡素化および加速化を支援しています。このコンバージド インフラストラクチャは、IT分野の新たな方向性を表すものであり、従来のデータセンター モデルよりも迅速かつ確実に、そして低コストで優れたITサービスの提供を可能にします。

VCEの歴史は2009年11月3日に始まりました。この日、IT業界で最も成功を収めた3社であるEMC、Cisco、VMwareのリーダーが集まって、前例のないコラボレーションを発表しました。これは、データセンターの仮想化を広く普及させ、クラウド コンピューティングへの移行を進めることによって、お客様のビジネス アジリティーの向上とコスト削減を目指す取り組みです。この提携によって、業界をリードする3社のITインフラストラクチャが1つになり、新たに設立されたVCEを通じて1つの製品としてお客様に提供できるようになりました。

2010年に発表された最初のVblock Systemは、クラウド コンピューティングに関するIT戦略の根本的な合理化と最適化を実現する優れたアプローチとして、お客様から絶大な支持を頂きました。VCEはお客様との契約を簡素化し、優れたセールスとサービス、サポートを行うため、システム インテグレーター/サービス プロバイダー/チャネル パートナー/ISV(独立系ソフトウェア ベンダー)のグローバルなコミュニティを構築しました。

2011年、VCEはテキサス州リチャードソンに新本社を、そしてマサチューセッツ州、カリフォルニア州、アイルランドのコークに主要拠点を置くことを発表しました。VCEはその後も成長を続け、Vblock Systemおよびソリューションのポートフォリオを拡張し、新たなお客様、パートナー、従業員、戦略的アライアンスを増加させています。

現在、業界の調査では、クラウド コンピューティングはITのトレンドとしても、また投資対象としてもトップ分野の1つであると報告されており、VCEは従来型のデータセンター アーキテクチャで常に問題となっていた複雑さをほぼ排除したコンバージド システムによって、クラウドへの変革をリードし続けています。この極限まで研ぎ澄まされたシンプルさは、エンド ユーザーとVCEの最初の出会いから今に続くものであり、従来では不可能と考えられていた領域へも容易に展開できるソリューションとして、クラウド コンピューティングの可能性を大きく広げています。

×