Trey Layton

CTO(最高技術責任者)

Trey LeytonはVCEのCTO(最高技術責任者)です。 VCEの製品戦略、開発方針、業界のソート リーダーシップを主導しています。 LaytonとVCEは次世代の統合インフラストラクチャを提供して、企業やサービス プロバイダーがクラウド対応のビジネス モデルに移行した場合の経済性、俊敏性、収益性を変革させることに取り組んでいます。 VCEは、VMwareとIntelから出資を受けたCiscoとEMCの合弁事業です。

Laytonが現在の役職に任命されたのは2011年です。VCEには2010年に入社し、VCEの世界規模でのサービス プロバイダー、チャネル、公共分野へのセールス エンジニアリングなどを築き上げ、主導しています。 VCEに入社する前、LaytonはNetAppに勤務し、NetAppの仮想化や安全なマルチテナンシーに関する製品に大きく貢献しました。 またLaytonはCisco Systemsでさまざまなエンジニアリング関係の業務に携わった経験があります。ネットワーキング、セキュリティ、音声、仮想化、データセンターのソリューションなどの分野で大きな能力を発揮しました。 Ciscoでは1990年代のほとんどを過ごし、データセンターや仮想化の業務に集中して、地域または国レベルでセールスやサービスのエンジニアリング チームを主導しました。

Laytonの20年に及ぶキャリアは米国陸軍でスタートし、USCENTCOM(米中央軍)向けに米軍で初めて導入されたデジタル イメージ解析プラットフォームの一部の構築と運用に携わりました。

x

First Name:  
Last Name:  
Email:  


X