VCE Foundation for EMC Avamar

高速かつ完全な毎日のバックアップでの非常に効率的な可変長の重複排除。

VCE Foundation for EMC Avamarは、バックアップ データがネットワーク経由で転送されて保存される前に、クライアント側でデータ サイズを縮小することにより、高速かつ効率的なバックアップ/リカバリを可能にします。Avamarの可変長重複排除機能では、一意のブロックだけがLAN/WANで送信されるため、ネットワーク トラフィックが大幅に軽減されます。以前に保存したブロックが再びバックアップされることはありません。

そのため、バックアップの帯域幅を飛躍的に削減し、バックエンドで必要となるディスク ストレージを大幅に縮小するだけでなく、バックアップ処理を最大10倍高速化することも可能になります。

Avamarのバックアップは1ステップで素早くリカバリできます。そのため、フル バックアップとそれに続く増分バックアップを行わなくても目的のリカバリ ポイントに達することができます。セキュリティ強化のため、バックアップ データの暗号化は、ネットワーク経由での転送時と保存時の両方で行われます。

1ステップのリカバリ

Avamarのバックアップはすべてフル バックアップのため、ブラウズ、ポイント、クリックするだけの1ステップで簡単にリカバリできます。

高い信頼性

Avamar Data Storeには、冗長電源/ネットワーク、RAID、特許取得済みのRAINテクノロジーなど、中断のないデータ アクセス性を実現する機能が用意されています。毎日のデータ システム チェックにより、必要時における復旧可能性を保証します。

バックアップ/リカバリの高速化

データ重複排除機能では、その日に変更された一意のデータしか保存されないため、バックアップ時間を大幅に短縮できます。また、毎日のフル バックアップを確実に維持し、1ステップで即座にリストアできます。

帯域幅の最適化

重複排除されたバックアップからは変更されたブロックしか送信されないため、ネットワーク トラフィックの軽減につながります。既存のLANとWANの帯域幅を活用して、企業全体とリモート オフィスや支店のバックアップ/リカバリを行います

柔軟な導入オプション

Avamarシステムは重複排除された容量で124 TBまで拡張できます。またEMC Data Domainシステムと統合して、特定のタイプのデータを高速にバックアップ/リカバリする統合ソリューションとして導入できます。

詳細情報

お問い合わせは、japan.mktg@vce.comまでご連絡ください
×