VCE Foundation for EMC RecoverPoint

柔軟なリカバリ ポイントを使用した継続的なデータ保護。

VCE Foundation for EMC RecoverPointは、アプリケーションのオペレーションのリカバリと災害復旧用としてVCEコンバージド インフラストラクチャ システムに配置されるCDP(継続的データ保護)、CRR(継続的リモート レプリケーション)、CLR(ローカル/リモート同時)データ保護を提供します。ポリシー ベースの管理、アプリケーションの統合、帯域幅消費の削減により、RecoverPointは統合ソリューションでデータ保護およびレプリケーションを提供します。

ポイント イン タイム リカバリ

RecoverPointは、特定のポイント イン タイムにアプリケーションを素早くリストアできるよう、複数のリカバリ ポイントを使用した継続的なデータ保護機能を提供します。

連続レプリケーション

物理、仮想、クラウドのいずれのインフラストラクチャにおいても、双方向の同期/非同期レプリケーションと、DVRに類似したリカバリを使用してアプリケーションを保護します。

帯域幅消費の削減

独自の帯域幅圧縮と重複排除機能により、ネットワークの使用率を最小限に抑えることで、ネットワーク上でレプリケートされるデータ量を大幅に削減します。

合理化されたテスト

本番レプリケーションに影響を与えることなく、アプリケーション環境の災害復旧テストを合理化します。

詳細情報

お問い合わせは、japan.mktg@vce.comまでご連絡ください
×