医療IT向けVblockソリューション

HIPAA事故対応計画から「有意義利用」、そして「科学的根拠に基づく医療」から払い戻しの最適化にいたるまで、医療機関による医療IT依存はますます高まり、コンプライアンス、医療の質、コスト抑制を目的としたイニシアティブは、この医療ITによって管理されています。 

こうしたイニシアティブへの対処は従来のITシステムに大きな負担をかけ、これによりデータセンターのスペースやエネルギーの制約が浮き彫りになります。 オンラインの患者情報は年間約70%増加します。つまり、コスト パフォーマンスに優れたバックアップと高可用性/災害復旧ソリューションは、患者治療には不可欠な要素で、 多くの場合、包括的なデータセンターの変革が必要です。 

Vblock™システムは医療ITの運用を変革し、より効率的に、かつコスト パフォーマンスの高い方法で重要なイニシアティブをサポートします。 統合インフラストラクチャにより導入が効率化されるため、ITは新しいアプリケーションをすばやく起動してプロビジョニングし、攻めのプロジェクト日程を満たすことができます。 高度に最適化されたVblockシステムの設計はデータセンターのスペースを最小化し、エネルギー効率を最大限に高め、IT運用を合理化することで、継続的にコストを削減します。

パフォーマンスと拡張

Vblockシステムは、医療ITの増え続けるニーズに合わせて拡張されます。 システムはそれぞれ、クライアントのワークロードの特性に基づいて構築されます。 VCEエンジニアは、本番環境で最適に実行されるように、必要な規模とパフォーマンスの特性を提供する物理および論理ビルドをアプリケーションごとに設計します。

継続的な可用性

VCEは、患者情報とクリティカルなビジネス データに確実にアクセスできるように、データ保護テクノロジを統合します。

デジタル形式の臨床情報が増えていくと、医療の質は、継続的な可用性と、データへの場所を問わないアクセスのしやすさによって決まってきます。 VCEはVMwareと連携してAlwaysOnポイント オブ ケア ソリューションを提供し、このニーズに対処します。

さらに、データ キャッシュ、ネットワーク サービス品質、自己回復アーキテクチャなどのテクノロジを使用して高可用性が組み込まれ、ネットワーク トラフィックのスパイクやその他の予測不能なイベントに対応します。 

Vblockシステムは、最適化されたパフォーマンス、堅牢なセキュリティ、信頼できるデータ保護により、プライバシーおよびコンプライアンス要件に対応しながら、医療IT向けのさまざまなソリューションを幅広くサポートします。

詳細情報

お問い合わせは、japan.mktg@vce.comまでご連絡ください
×